医薬仕様(GMP対応)

GMPとは

GMPとは、「Good Manufacturing Practices」の頭文字の略で、直訳すれば製造の正しい慣例といったところですが、一般的には厚生労働省所管の「医薬品及び医薬部外品の製造管理および品質管理に関する基準」を指します。

GMPは日本のみならず、各国で法令により基準が定められており、製造現場においての対応が必須となっています。

エイシンのGMP仕様には製品の対応はもちろん各種検査書類も取り揃えております。

医薬(GMP)仕様

TMHS-65S

タンブラーミキサーGMP
操作盤別置き仕様

サニタリー仕様(医薬GMP対応)の混合機

GMP仕様

  • 市販品のサニタリー容器を使用します。内面コーティングや電解研磨仕上げなど対応します。
  • 容器脱着式のため、品種変えの際は容器を交換するだけでOK。準備する手間が掛かりません。
  • 本体は凸凹がない設計のため、洗浄が容易です。
  • 溶接ビードは研磨処理するので、粉残りがありません。
  • 回転数や運転時間はデジタルで表示します。混合中の運転条件が明瞭です。
  • 駆動モータは本体に収納し、軸受にはカバーを付属するので、発塵の心配がありません。
  • 操作パネル上には防塵、防水対策に透明カバーが付きます。
  • バリデーション(IQ/OQ)に対応します。

容器回転型のバッチ式混合機

回転軸と容器面に角度をつけて回転させることで、容器内に擬似的な三次元の流れができます。

原料はこの流れにより循環移動し、分散を繰り返すことにより、短時間で混合が進行します。

タンブラーミキサーのサニタリー仕様(GMP対応)動作

タンブラーミキサーGMP仕様 TMHS-100S-M の使い方

仕様

TMHS

型式 容量
(L)
処理量
(L)*1
回転数
(min)
寸法(mm)*2 重量
(kg)
W D H H1 H2
TMHS-36S 36 10~20 7.5~45 830 960 765 565 385 90
TMHS-45S 45 10~25 7.5~45 885 1095 770 565 370 95
TMHS-65S 65 20~40 7.5~45 885 1240 810 565 340 95
TMHS-100S 100 30~60 6~36 1010 1250 945 630 335 150
DMHS-150S 150 45~90 3~18 1180 1655 1080 770 465 350
DMHS-200S 200 60~120 3~18 1180 1750 1225 770 335 350

製作実例

DMHS-150S

樹脂ドラム仕様

GMP樹脂ドラム仕様

排出シュート付

GMP排出シュート付

ヘルールボトル仕様

GMPヘルールボトル仕様

安全柵

GMP安全柵

安全柵 チェーン

GMP安全柵チェーン

 

タイトルとURLをコピーしました